マネーの抑制をまだ両親に頼ってしまう。

 貰ったお金で雑2万円は積み増します、生活費は10000円・ICカード費用5000円・電話費2000円、余裕はお小遣いとして管理していらっしゃる。
 昔は、無駄な電化製品などを買っていて、母体によく怒られましたが、最近は買わなくなっています。でも、キモの長所に負けて買ってしまうことも度々あります。プリンターのインクや電池等のディスポーザブルは自分のお小遣いから払っていらっしゃる、自腹です。
 コンビニでも、キモ賞与の長所に負けてしまい、買ってしまう。そっちなので母体に「そんなものばっかり買い求めると、お金が失せるよ」と言われます。
「フトコロの中に雑1000円は入れておくんだよ」と母体に言われますが、所持金が1000円を切っても銀行からマネーをおろさないことがあります。
 高校生を卒業してまだ間もない結果、まだまだ親にマネーについていろいろガイドラインをもらっているタイミングです。早くもっと稼ぎたいと思いますし、自分でマネーの運用を完璧にできるようにしていかなければいけないとしていらっしゃる。まだまだ学徒の流れでつい無駄遣いしてしまう時があるので、本当に有料な機会が来るまでしっかり蓄財をする伝統を身に着けたいとしていらっしゃる。いつまでも親に頼ることなく一本立ちできるよう努力していこうと思います。レイクの審査について