小さい頃からはじめよう

生きていくうえでプラスはなくてはならないものですね。決して隆盛はしなくても衣食住そのオールをまかなうためにプラスは必要でしょう。近頃、断捨離というせりふがよくつかわれていますが、プラスもそのように取り扱うことができればいいのになと思います。もちろん十人十色暮らし規準は異なりますし、プラスに対する要望度に応じて煩悩との根競べになるかもしれませんが。プラスの用法は進め方ともダブるかもしれません。余分なものを持たないで生きられる人間はプラスの用法も管理するもきっと上手なのではないかと思います。いざというときのために少しだけストックを保ち、責任ミニマムで満足できる徳義心を持つことができればいいなと思います。若い時から考えてお金を使うクセを身につけることができれば、またそれを継続することができれば、いざというときも困らず、プラスの大切さや有難さを自ずからもらい、また理解することができるのではないかと思います。プラスは根こそぎ保ちすぎては困り、持たなくては貧困してしまい、ミッシリの気遣いを自分で解ることはより大切だと思います。なんでもそうですが、一朝一夕に身につくものではなく、やはりプラスを管理することも幼い頃からの練習損傷一番重要なのかと再認識する次第です。こちら